本文へ移動

業務内容

原木の付加価値を高める合板

合板とは主に住宅建築の床・壁・屋根の下地として使う材料で、中径木・小径木のB材を使用して桂剥き加工するため、幅の広い製品が可能となります。厚みも用途に応じて9㎜~28㎜と多種の品目が可能です。
 
薄く剥いた板を、木目の方向が交差するよう貼りあわせる合板は、強度があり反りにも強く安心してご使用いただける木製品となっております。住宅だけでなく、公共事業でも広く利用できる製品として使用範囲は広がっています。
 
原木の付加価値を高める製品として、さまざまな分野で合板は、その価値を認められております。
北上プライウッド株式会社
〒024-0335
岩手県北上市和賀町後藤2地割
112-1
TEL.0197-73-5500
FAX.0197-73-5505
0
2
7
5
9
2
TOPへ戻る