北上プライウッドは岩手県北上市、宮古市で合板、パーティクルボードを製造・販売しています。

 

結のたより

 
フォーム
 
岩手日報文化賞を受賞しました
2019-11-22
岩手県の地元新聞・岩手日報社より
 
 第72回 岩手日報文化賞の贈呈があり、11月3日文化の日に盛岡グランドホテルにて井上篤博社長が出席し受賞しました。これは1948年に制定され、学術文化・産業経済などの分野で、顕著な業績を上げた個人または団体を顕彰するものとのことです。
 
 当社は岩手県内の森林組合・林業従事者と連携して合板製造に県産材を100%利用し、原木の安定供給体制を構築しました。「稼ぐ林業」を復活させ林業振興に貢献、地域経済の発展及び地域の森林再生にも尽力し、さらに東日本大震災時にグループ合板工場が被害に遭い操業停止になる中で、いち早く北上市に合板工場を設立し県産材を積極的に使用する体制を整え、復興に必要な住宅資材を供給し震災復興に貢献したとの評価を頂いた事によるものです。
 
 
 また、井上社長は、次期事業構想として原木の最大限の活用を目指す「カスケード(多段階利用)事業」を目指し、合板に加え、製材・杭・チップ・ペレットまで生産し、木製品のすべてをカバーする生産拠点を設け、その中で地域経済の復興と里山林業の再生にも取り組み、路網整備や林業従事者の確保、物流体制構築と合わせて、技術やノウハウを持つ地元の事業者や地域の人々との連携で、オール岩手で取り組み岩手から林業を盛り上げたいとの方針を示し、地域及び関係先から大きな期待が寄せられています。
 
web版岩手日報の岩手日報文化賞・体育賞の記事はこちら↓
https://www.iwate-np.co.jp/page/page-41839
 
 
 
授賞式における井上篤博社長からの言葉
 私どもは木を原料に合板を作っている。木は光合成で空気中の二酸化炭素を吸収し、呼吸に必要な酸素を供給している。私たちが森を歩いたり、木に触れることで安らぐのは、生命に必要な酸素を木が供給しているという安心感もあるのだろう。日本は有数の森林大国であり、岩手県も県土の80%以上を森が覆う。この資源を有効活用することが重要だ。この岩手で森林資源が大きく成長できているのは当県の森林組合の皆様のおかげ。苗木を育て、伐採し搬出して再び植える、そうした永遠の緑の資源循環によるものだ。皆様に心から感謝申し上げる。岩手の森のため森林資源を100%活用させていただき、微力ながら全国に岩手の合板を拡販していきたい。
 
北上・みちのく芸能まつりが開催されました
2019-08-05
第58回北上・みちのく芸能まつりが8月2日(金)から4(日)まで3日間に渡り開催されました。
北上・みちのく芸能まつりは民俗芸能のためのお祭りです。このお祭りでは100を越す民俗芸能団体が集まり、各会場では迫力のある舞を見ることができます。
3日目に開催される「トロッコ流しと花火の夕べ」で打ち上げられる花火は1万発と県内一を誇ります。花火と同時に開催される「トロッコ流し」との共演は、川面を流れるトロッコ(灯篭)と上空の花火のコントラストが魅力です。
この花火大会の桟敷席には当社の製品が使用されています。お祭りを通して地域経済の活性化を目指す仲間として毎年協賛させて頂いております。
 
2019年2月1日 会社合併に関するお知らせ 
2019-02-01
このたび北上プライウッド(株)(以下当社)および宮古ボード工業(株)(以下宮古ボード工業)は、吸収合併契約を締結し、当社が宮古ボード工業の権利義務の全てを継承して存続し、宮古ボード工業は解散することと致しました。なお、これまで宮古ボード工業が行ってまいりました事業については、合併後の当社において、従前通り、営業を継続してまいります。
今後とも引き続きご高配賜りますようお願い申し上げます。
 
 
2016年10月1日 希望郷いわて国体・希望郷いわて大会が開催されました
2016-10-04
平成28年10月1日、天皇皇后両陛下ご臨席の下、北上総合運動公園北上陸上競技場において、第71回国民体育大会「希望郷いわて国体・希望郷いわて大会」の総合開会式が開催されました。全国から選手団、大会関係者約2万7千人が参集し、盛大に行われました。
北上プライウッド株式会社は、オフィシャルサプライヤーとして同大会に協賛してます。
北上総合運動公園のメイン会場には、随所に当社の合板が使用されました。
1
 

希望郷いわて国体・希望郷いわて大会写真集

希望郷いわて国体・希望郷いわて大会写真集
 
<<北上プライウッド株式会社>> 〒024-0335 岩手県北上市和賀町後藤2地割112-1 TEL:0197-73-5500 FAX:0197-73-5505